マイカーローンとカードローンの違い

通常車を購入する時にローンを組むなら、マイカーローンを利用します。販売店ではディーラーがローンを斡旋してくれるので、契約手続きも簡単で、手軽にマイカーローンが組めます。一方で、現在カードローンの利用者も多く、カードローンを利用して車の購入資金に充てる人もいるようです。

 

 

マイカーローンとカードローンは同じローンですが、そこには様々な違いがあります。結論から言ってしまえばカードローンではなくマイカーローンで購入した方が得になるケースが多いです。

 

カードローンは自由度が高く金利が高い

カードローンとは、カードを使って繰返し利用ができるフリーローンです。契約を結べば、限度額の範囲内で自由に借入れができます。直接現金を引き出せるので、車の購入資金としてももちろん使えます。

 

カードローンであれば。車の購入資金はもちろん、ガソリン代や車検代、または車以外の金銭のトラブルにも柔軟に対応できます。繰返し利用が可能なので、困った時に、その場に応じて借入れが行えます。自由度という点においては、カードローンは非常に優秀です。

 

ただしカードローンは金利が高めに設定されています。銀行系のカードローンの金利の相場が3.0%~14.6%程度ですが、実際に適用される金利は高めの方です。車のような高い買い物に10.0%以上の金利で借入れを行えば、毎月の利息も大きくなります。

 

マイカーローンは自由度がないものの金利が低い

マイカーローンはその名の通り、車を購入するためのローンですが、車検費用や免許取得費用としてもマイカーローンは利用できます。どちらにせよ車に関する費用の為のローンです。ただし、車の購入費用のみでなく、かかってくる諸経費も含めてローンに組み込むのは可能です。

 

その代り、使い道は車関連に限定されるうえ、自由に引き出せるわけではありません。もちろん一度組んだマイカーローンの融資は一度きりで、後から自由に借入れが行えるような種類のものではありません。カードローンと違い、使い道の自由度はありません。

 

ただし、マイカーローンは目的が限定されているローンなので、金利は低めに設定されています。100万円以上の借入れを銀行系のカードローンで借入れするなら、9.0%~12.0%程度の金利が一般的です。これがマイカーローンの場合、5.0%~8.0%程度の金利でローンが組めます。

 

マイカーローンの場合、使い道が限定されているのと、繰返し自由に借入れができるわけではないので、回収のリスクを考えると安全に貸付けが行えます。その分金利が低くできるのです。

 

カードローンで借りたお金を車の購入資金に充ててもいいのですが、審査がカードローンしか通らないなど、特殊な事情でもなければ、マイカーローンを利用した方が損をしません。

 

実際に損をしないお得なマイカーローンを探すとなった際には安いマイカーローンでの比較が基本となるので、審査の基準を通過できるのであればマイカーローンでの借り入れが良いでしょう。

 

マイカーローンの金利をさらに下げる方法

カードローンは便利ですが、まとまったお金を用意するなら目的別にローンを組んだ方が、金利が低くなります。マイカーローンはディーラーに勧められた所を利用するだけで、5.0%~8.0%程度の金利でローンが組めます。

 

もしももっと低金利なローンで車を購入したいのであれば、ディーラーローンを敢えて利用しないという裏ワザがあります。

 

実はマイカーローンは、ディーラーに斡旋されるところよりも低金利で利用できる所がいくらでもあります。JAや銀行系のマイカーローンの場合、2.0%~4.0%程度の金利でマイカーローンが組めます。ただしJAマイカーローンの金利負担は保証料が別となっている場合があるために注意が必要です。

 

マイカーローンを自分で探すといっても、それ程難しいものではありません。今はネットでマイカーローンの金利も簡単に調べられます。いくつか比較すれば、低金利な所は簡単に見つかるはずです。

 

今はネットからそのまま仮審査の申込みもできるので、その結果が出てから来店、契約で大丈夫です。